モネタ

モネタ

Author:モネタ
性別:男性
職業:乙女座のSE
裏の顔:資格ハンター
資格取得で自分バージョンアップ!
モネタはマネーの語源、古代ローマのお金の女神様”モネタ”より。リッチになる方法も勉強中です!

趣味
・資格取得
・グルメ
特技
・フォトリーディング
・アロマテラピー
・ヨット
弱点
・勉強しだすと眠くなる(涙)
・かなり方向音痴

※このサイトはリンクフリー、連絡も不要です。お気軽にどうぞ。

取った資格、取りたい資格
取得済み資格(取得順)

IT系
01.情報処理技術者試験
        (第2種)
02.情報処理技術者試験
        (第1種)
03.情報処理試験
   テクニカルエンジニア(NW)
04.情報処理試験
   テクニカルエンジニア(DB)
05.OracleMaster Silver
06.OracleMaster 8i Gold
07.OracleMaster プラチナ 9i
08.OracleMaster Gold 9i DB
09.マイクロソフト認定プロフェッショナル
  MCP(70-270) WindowXP
10.MCP(70-251) Win2000SV
11.MCP(70-290) WinSV2003
12.MCP(70-291) WinSV2003
           Network
13.MCP(70-620) Vista
14.MCP(70-640) WinSV2008 AD
15.マイクロソフト認定システム
  アドミニストレータ MCSA 2003
16.富士通
  InterstageMaster G2
17.マイクロソフトオフィススペシャリスト
  MOS Word 2003
18.Sun Java アソシエイツ

語学系
19.英検4級
20.英検3級
21.TOEIC ***点

趣味・実用系
22.4級小型船舶操縦士
23.普通自動車免許
24.フォトリーディング集中講座修了
25.FP技能士3級
26.FP技能士2級
27.アロマテラピー検定1級
28.色彩検定
29.貸金業務取扱主任者
30.宅建
31.世界遺産検定3級

取りたい資格
01.MOS EXCEL
02.MOS ACCES
04.行政書士
05.社労士
06.PMP

ブログランキング
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
資格取得に向くパソコン

資格本としておすすめしたい「レバレッジ勉強法 」の著者の本田直之さん。別の著書「」面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則 のなかで「パソコンを頻繁に買い換える」という方法を紹介しています。本田さん自身、年4回くらいパソコンを買換えているそう。理由は最新機種は最高のパフォーマンスをだしてくれるから。旧機種で不要な処理時間がかかったり、作業効率が悪いのは無駄というわけです。

本田さんは会社社長ですから、そのような豪勢なパソコンの買い方ができるともいえますが、振り返ってみると、僕もエプソン、富士通、シャープ、パナソニック、ソニー、DELLと自分でもびっくりするくらいのパソコン購入暦がありました。17年の付き合いで15台くらいは買っているかな。新しいテクノロジーを試さずにいられない、結構浮気性なのかもしれません。

このブログを見ているということは、すでにパソコンを持ち、それなりのパソコンスキルがある方ですから、とくにアドバイスも必要ないかとも思いますが、最近パソコンで痛い目にあったこともあるので、パソコンを資格取得に使うと想定して思うことを数点ほど。

1)最近のパソコンはDVDを見ることを想定してか横長の画面が多いです。一方、Webページにしろ、ワープロの文章にしろ、パソコンで見るものは縦長のものがほとんど。勉強や仕事をメインにパソコンを買うなら、あまり横長でないものをおすすめします。Webの製品仕様だけみても、画面サイズが分かりにくいものがあるので、できればお店で見たほうがよいですね。最近私が買ったノートパソコン(富士通のFMV-NF)が横長画面で使いにくく感じてます。

2)最近DELLのディスクトップが壊れて修理に出すはめになりました。DELLはコールセンターを中国に移管したのか、何度電話しても片言の日本語の中国人。会話が円滑にできず苦労しました。(中国の人でパソコンの会話ができるくらい日本語ができるんだから、すごい人たちだとは思いますし、中国の人にうらみはありません。念のため) こちらは切羽詰っているときに、意思疎通レベルで苦労するので、かなりげんなり。しかもパソコンのカバーを開けてHDDとかコネクタの抜き差しを要求され、とてもビックリ(これでさらに壊れたらどうするんだ)。いくらDELLが中級者以上をターゲットにしているとはいえ、一般コンシューマにそこまで要求するのもどうかと。結局やりとりが円滑に行かず、故障が直るまで3週間以上かかりました。サポートセンターがよければもっと早く直ったのに。
一概には言えませんが、こうゆう場合国内メーカーのほうがいざというとき安心かも。(国内メーカのサポートセンターもすでに海外に移管しているかもしれませんが)。SEやってて思いますが、結構パソコンは壊れます

3)同じメーカで同じモデルでも使っている部品(特にCPU)の違いにより、ランクがあります。値は張りますが、グレードの高いものを買いましょう。安いPCは当然廉価な部品で作られていて、動作が遅いです。包丁でいえば切れない包丁。しかも磨いで切れ味をよくすることもできません。切れない包丁のほうが切れる包丁より危ないですよね。それと同じで、安いパソコンほど初心者に向いてないです。お店で見比べるなら、電源を投入してから、ログオン→同梱のソフトが使えるようになるまでの時間を見てみましょう。この時間に如実に性能差が現れます。

4)ディスクトップとノートPC、いずれにするかは好みですが、初心者ならばディスクトップPCのほうが僕はお奨めです。理由はキーボードがノートに比べ打ちやすいから。さらに使いこなすようになれば、メインにディスクトップ、サブにノートPCと2台持ちがいいですね。機動力も上がるし、故障のときのバックアップになります。2台のPCの同期をやれば、必然的にITスキルもあがってきます。2台持ちは少々贅沢ですが。

5)パソコンは5年くらいで買換えましょう。使っているうちに性能が落ちてきて、5年くらいがいい区切りです。故障の頻度も上がりますしね。先に紹介したように不要な処理時間がかかったり、作業効率が悪いのは時間の無駄です。4、5年たつとパソコンは驚くほど進化してます。

勝間本の勝間和代さんは著書の「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 」で生産性アップのベースステーションパソコンとしてパナソニックのレッツノートを推奨していますね。私もレッツノートはいいパソコンだと思います。若干玄人向けですけどね。

センスの良さでソニーのVAIO、会社と同じパソコンということで、富士通、NEC、東芝、・・・という選択肢ももちろんありでしょう。後の生産性を考えて、くれぐれも最低ランク(値段)のパソコンで妥協されないよう。

パソコン暦のある人には、あまりに当たり前の話だったかもしれません。ご了承を。

 

ブログランキング参加中! ・・・ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしい!

[資格取得でリッチライフ] トップに戻る 



Loading...
勉強ツール | 【2009-08-12(Wed) 22:40:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

タグ検索
スポンサードリンク




適性資格が無料で占えます

ビジネス書を読みこなすビジネスパーソンの情報サイト。覗いてみてください。

速読は勉強の強い味方!

英語教育のスペシャリスト、アルク。

いま欲しいものリスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。